キノコ姫増えました。

只今Yahoo!Auctionにて創作原画2点を出品させて頂いております。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/nop_nopon

7月19日の23時以降終了となります、宜しければご覧くださいませ*

 

 

今回創作したキノコについて簡単にご紹介致します。

 

「スリコギタケ」は和名「摺子木茸」。

こん棒形状で縦に皺が入っているという、見た目にも奇妙なキノコです。

まさしく、ゴリゴリと胡麻などすり潰す際に必要なすりこ木が地面に突き刺さっているようです。

「すりこ木はごく自然に地面から生えてくる」と言ったら信じてしまう人もいるかも・・・・?

一応食べれるキノコですが苦みがあり味も香りもないそうで、オススメではありません。

 

 

「ムラサキフウセンタケ」は和名「紫風船茸」。

暗紫色を纏った美しいキノコです。

柄が根元にいくにつれて球根のように膨らんでいるのが特徴で、その姿から風船という名がついたようです。

また全体的な姿も、気球のように見えるからとの由来もあるようです。

 

 

 

以上今回のキノコ姫は2点となります。

 

キノコ創作絵はギャラリーにも掲載させていただいておりますので、宜しければご観察下さいませ~✨→🍄gallary

 

 

 

 

 

先週仕上げた七夕絵の時に試した描き方がとても良い感じでして、今回の水彩絵にも取り入れております。

 

それは線画をデジタルで描く!というものです。

 

色んなイラストレーターさんのを見てると、アナログ作品だけど最初のラフとか仮の色塗りはデジタルでやっていたりと上手く使っていらしゃるのです。

 

なので私もデジタルを取り入れよう~と、PCで線画を描き、描いたものを印刷して水彩紙に描き写すというようにしました。

 

 

これがとても良いのです・・・!

 

デジタルなので消しゴムのカスも出ないですし、

何度もやり直しが効くのでとことん拘ることも出来ますし、

 

 

何より、水彩紙へのダメージが0なんです!

 

今まではそのまま水彩紙に描き込んで消したり描き直したりしてて、そうなるとだんだん表面が痛み毛羽立ってくるのです。

 

なので、あまり痛めないようにと線画のときはかなり気を遣っておりました。

 

それを気にせずに線画に没頭できるというのは本当にありがたいことです・・・・✨

 

 

アクリル用の水彩紙は絵具自体が強い為か強固に作られてて、消しゴムをいくらかけても大丈夫でしたが・・・・あの強さには本当に助けられました💦

 

 

描き方や塗り方は常に模索中なので、また新たな発見があれば試していきたいです✨