キノコ姫増殖しました。

只今Yahoo!Auctionにてキノコ姫の原画イラスト3点を出品させて頂いております。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/nop_nopon

1月19日の23時過ぎに終了となります、宜しければご覧くださいませ*

 

 

今回出品させていただいたキノコについて簡単にご紹介します。

 

 

 

「ギンガタケ」は日本だと屋久島、八丈島、高知でしか見つかっていないという暗闇で発光するキノコです。

 

大きさは3㎝ほどで発光は弱めですが、傘の裏側、ひだの発光が強く目立ちます。

 

小さいキノコが密度濃い目に群生する為、暗闇の中で無数の緑色の光となります。

 

それがまるで銀河のように見えて、とても幻想的なキノコです。

 

 

 

 

「アンドンタケ」は和名「行灯茸」、かなり珍しいキノコです。

 

パッと見た目の感じはタコスッポンタケぽいですが、このキノコはまた違った形状をしております。

 

 

サッカーボールのような凹凸のある卵から出てくるのですが、最初は釣鐘状のカゴのような形をしております。

 

その姿から行灯茸という名がついたのでしょう。

 

が、その姿は長くは持たず、子実体が非常に脆いためすぐに結合部分が離れてしまいます。

 

開いた姿は例えるなら赤いイカリングです。ちゃんとソースもかかったような。

 

ソースではなくオリーブ色のグレバをつけており、かなりの悪臭を放ちますがまだ悪臭の中でも上品な方なんだとか・・・・??

 

 

 

 

「キリノミタケ」は、表面が黒く微毛があり、最初は里芋のような姿をしております。

 

そこから頭の部分が開き始め、完全に開くとヒトデのような形になります。

 

開いた部分から胞子を吹き出す姿が、アメリカのインディアンから「悪魔の葉巻」と呼ばれていたそうです。

 

絶滅危惧種に分類される、かなり希少なキノコです。

 

 

 

 

以上3種のキノコ姫となります。

ギャラリーにも掲載させていただいておりますので、宜しければご観察下さいませ~✨→🍄gallary

 

 

 

 

 

 

先日、確定申告に向けて帳簿付けを始めました。

個人での申告は初めてなので、色々と調べてはうんうん唸ってます。

 

税務署に行って分からないことを聞いてきたりもしましたが、まだまだちんぷんかんぷんです!

 

ですが、とりあえず分かることからやってみよう精神で頑張ります!✨